自損事故・加害者の方へ

自損事故とは

ドライバーに100%過失が認められる事故の事を指します。不注意によりガードレールや縁石、壁に衝突してしまった事故のことになります。自賠責保険を受けることができないケースで自損事故保険が非常に役に立ちます。

自損事故でも加害者になってしまった場合でも負担割合が0円で施術が可能です。

交通事故での加害者のケース

ご自身の過失で車や人では無いもの(自損事故)への事故は、加害者と被害者という立場が発生します。人身での事故の場合の加害者の割合は約3割です。

中には加害者やその搭乗者の方も、甚大な怪我を追ってしまう場合が多々あります。ですが加害者という責任を重く受けとり、ご自身の怪我をそのままにしてしまう方が多くいらっしゃいます。

交通事故での怪我は普通の事故とは違い、当初は痛みがなくても、後日悪化する場合が非常に多くあります。長く放置してしまうと、神経障害や後遺症が、一生残ってしまうケースもあります。1秒でも早く専門のプロに診てもらい、施術を受けることが非常に大切です。

人身傷害補償に加入していれば窓口負担0円で救済が可能です。(下記参照)

【人身障害補償で救済可能な4つの項目】

等級が下がらない
病院や整骨院での負担額は0円
施術にかかる費用を心配することなく専門的な施術を受けることが可能
事故で発生した後遺症や休業した際に発生した損害を請求することができる。

交通事故での自損事故のケース

自損事故は交通事故の約3割を占めています。標識やガードレール、壁や建物にぶつかったケースがほとんどです。建物の持ち主や、警察等のやりとりで不安になってしまい上記の『交通事故での自損事故のケース』 でもあるようにご自身のお身体の回復を後回しにしてしまいがちです。

交通事故での怪我は普通の事故とは違い、当初は痛みがなくても、後日悪化する場合が非常に多くあります。長く放置してしまうと、神経障害や後遺症が一生残ってしまうケースもあります。1秒でも早く専門のプロに診てもらい、施術を受けることが非常に大切です。

人身傷害補償に加入していれば窓口負担0円で救済が可能です。(下記参照)

【人身障害補償で救済可能な4つの項目】

等級が下がらない

病院や整骨院での負担額な0円

施術にかかる費用を心配することなく専門的な施術を受けることが可能

事故で発生した後遺症や休業した際に発生した損害を請求することができる。

怪我を放置してしまうと、、

非常に危険です。自損事故の場合でも、加害者の場合でもしっかりと施術を受けることが大事です。多くの方が後回しにしてしまい、施術を受けずに我慢されます。

まはろ骨盤整体では負ってしまった怪我を放置することは推奨できません。

当初は痛みがなくても、交通事故の衝撃は凄まじく、体感以上にお身体に損傷を受けています。どうせすぐよくなると思って自然に回復するのを待つ人が多いですが、放置すれば余計に悪化してしまうケースがほとんどです。1日でも早く施術を受けることが大切です。

一生障害を持った生活を過ごさないといけない可能性もあります。
1日でも早く専門のプロに見てもらい、まずはご自身のお身体の悩みを解消していきましょう。

分からないことがございましたらお近くのまはろ骨盤整体にご相談ください。