坐骨神経痛

坐骨神経痛の男性30代

  • 腰だけでなく足も痛い
  • 長時間座っているのがつらい
  • 寝ていてもお尻や足が痛い
  • 痛みだけではなく、しびれも感じる
  • 太ももやふくらはぎがピリピリ痛い

坐骨神経痛ってなに?

まず坐骨神経とは腰からお尻、太ももの裏を通って足先まで繋がっている長く太い神経です。

この神経がお尻の筋肉や太ももの裏で圧迫されることで痛みが出てしまいます。

この痛みの事を坐骨神経痛と呼びます。

 

坐骨神経痛ってどうして起こるの?

骨盤の歪み背骨の歪みがある状態で、生活(仕事)で身体を動かすうちに

腰やお尻周辺の筋肉が緊張して硬くなり、坐骨神経を圧迫します。

神経が圧迫や刺激を受けると、鋭い痛みやしびれが起きてしまいます。

坐骨神経痛は2つに併せて起きることが多いです。

「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄」です。

 

椎間板ヘルニアとの関連がある場合

椎間板とは背骨と背骨の間にあるクッションです。

私たちのお肌は若い時にはハリや弾力がありますが

加齢に伴いシワが増えたり、弾力が無くなります。

それと同じことが椎間板にも起こります。

たっぷりと水分が含まれた椎間板が、年齢と共に弾力が失われます。

身体の歪みを放置していると椎間板に圧力が加わり横や後ろへ飛び出し

その飛び出た椎間板が神経に当たり痛みを誘発します。

前かがみの姿勢になるとより圧迫が強くなり痛みが悪化します。

長時間のデスクワーク

腰に負担のかかる作業

スポーツをしている方

30代、40代の方に多いです。

前屈みになると痛みが感じやすいのが特徴です。

 

脊柱管狭窄との関連がある場合

脊柱管狭窄症は加齢が原因になることが多いです。

最近では若い方でもなることがありますが特に50歳以上の方に多くみられます。

背骨の中心にある「神経が通っている脊柱管」というトンネルが細くなり

狭窄部で神経が圧迫されて痛みを引き起こします。

身体を後ろに反らすと脊柱管が細くなるので痛みが強くなります。

高いところの物を取る、腰をひねる、背筋を伸ばすと痛みを感じやすいです。

椎間板ヘルニアとは違い前屈みになると脊柱管が広がるので楽になります。

自転車の運転や靴下を履く動作は割と楽に出来たりします。

また、歩行していて痛みが出た時に休憩するとまた楽に戻ることも特徴です。

坐骨神経痛に対する施術

坐骨神経痛の原因を特定し早期に痛みを取るようにします。

原因を把握して患者様のライフスタイルとお身体に合わせた施術を提供します。

骨盤の歪みによって筋肉が硬くなって神経を圧迫しているので

ますは筋肉の緊張を取り除きます。

その後骨格の矯正などを行い、原因のアプローチを行います。

痛みが強く歩行などに支障がある場合はハイボルトという特殊な電気治療機で

しっかり痛みを取り除いてから歪みを整えていきます。

クーポンNo:002 【すぐに効果を実感】腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア ¥3,300円
提示条件:
予約時
利用条件:
新規の方のみご利用いただけます
有効期限:
2022年05月31日まで

腰痛の早期解消、予防に
安全安心な施術で効果を実感!