腰椎椎間板ヘルニア

  • 腰痛がある
  • お尻や足に痛み、痺れがある
  • 長時間歩くと足に痛みや痺れが出る
  • 長時間の運転で痛み、痺れが出る
  • 重い物が持てない

腰椎椎間板ヘルニアが起こる原因

腰椎椎間板ヘルニアは、加齢やスポーツでの負荷がかかり過ぎると発症してしまう事が多いです。
背骨の骨と骨の間には椎間板というクッションがあります。
加齢によるヘルニアは椎間板を構成している軟骨が老化し、組織の一部が外へはみ出しやすくなるために起こります。椎間板は縦方向の力には強く、捻りや曲げるという方向には比較的弱いです。
そのためスポーツで身体を強く捻ったり、屈みながら重い物を持ち上げる動作の時に痛めやすく、腰椎椎間板ヘルニアを起こしてしまいます。

腰椎椎間板ヘルニアがよくならない理由

・日常生活での負担が多い
(腰を捻る、前に屈む、反る、左右に曲げる動作)
・スポーツや職業など生活習慣での改善が難しい
・腰まわりや臀部、足の筋肉が硬い
・骨格の歪み、姿勢不良

当院での施術方法

痛みのある場所と痛みの原因になっている場所を探すために、ハイボルトという電気を使い当院で本当に症状が良くなるか先ずは検査をさせて頂きます。
また、このハイボルトでは痛みの原因も見つける事が可能なので再発の予防や、硬くなっている筋肉のストレッチ方法、セルフケアの方法もお伝えさせて頂きます。
同時に、骨格の歪み(骨格矯正専門の機器使用)や筋肉矯正の治療(手技)も症状の状態に合わせて施術を行います。

当院の施術の良い点

痛みの原因を検査、治療する事が出来るので、実際に症状がどのくらいの期間で良くなるかをお伝え出来ます。
また、痛みの軽減だけでなく骨格の歪みに対しての施術も行う事が出来るので再発のリスクを減らすことも可能です。