ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

  • ゴルフのスイング時に肘の内側に痛みが出る
  • 肘から手首又は指にかけて痛み、疲労感がある
  • 手を強く握った時に痛みがでる
  • 腕を回したり、捻ると痛みがでる
  • 肘の内側を押すと痛みや違和感を感じる

良くならない理由

肘には手首を曲げたり、回したりする筋肉が付着しています。その筋肉が付着している場所が上腕骨内側上顆といいます。
日常的に肘をよく使ったり(重いものを持つ、赤ちゃんを抱っこする等)、正しくないフォームでスポーツを行うと痛みが現れます。また、繰り返し負担がかかると重症化していきます。

当院での施術方法

痛みの出ている所、その他に痛みの原因になっている所にハイボルト(電気治療)という機器を使い当院で本当に症状が良くなるか先ずは検査をさせて頂きます。
このハイボルト(電気治療)は、痛みを和らげるだけでなく、腫れや熱感を軽減させ治りを促進することができます。
また、症状の程度により筋肉のストレッチやセルフケアもお伝えさせて頂きます。